DG Lab | ABOUT
研究開発体制をグローバルで展開するDG Labでは、次世代の事業の基礎となる技術の研究開発を行い、次の世代に役立つプラットフォームやサービスに繋がる研究開発組織を目指します。
DG Lab, Digital Garage, デジタルガレージ, Blockchain, VR, AR, Security, Biotech, AI, Inamoto & Co., BI.GARAGE, DG Technologies
139
page-template,page-template-full_width,page-template-full_width-php,page,page-id-139,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-9.4.2,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12,vc_responsive
 

ABOUT

OPEN INNOVATION

新たな事業の柱になる技術シーズを発掘するために

インターネットから生まれたオープンイノベーションの波がソフトウェア産業だけでなくハードウェア産業も飲み込み、さらにはバイオテクノロジーにまで及ぼうとしている現状では、さまざまな分野で技術が急速に進化していきます。こうした技術の多様な変化に柔軟に対応し、最先端の技術を取り込みながら事業を成長させるために、デジタルガレージ、カカクコム、クレディセゾンの3社は、新たな事業を生み出す研究開発組織「DG Lab」を発足しました。DG Labは「ブロックチェーン」「人工知能」「VR/AR」「セキュリティ」「バイオテクノロジー」を重点分野として選び、これらの分野で高いレベルの技術を持つ国内外の投資先企業と連携し、新たな事業の柱となるプロダクトやサービスを生み出すことを目的とします。こうした分野において世界をリードする研究開発に関心のあるエンジニアやデザイナーが集まり、活発に議論しながら開発に打ち込む、「テクノロジーのバウハウス※」のような場となり、デザイン×データ×テクノロジーの3つが有機的に繋がる、グローバルなプラットフォームになることを目指します。

※バウハウス(ドイツ語: Bauhaus)。今から約100年程前の1919年、ドイツ・ヴァイマルで設立された、工芸・写真・デザインなどを含む美術と建築に関する総合的な学校。アートや芸術、デザイン、 建築などが融合して起きた新しいムーブメントで世の中に多大な影響を与え、文化を築き上げた。

MASASHI TANAKA
田中 将志

株式会社デジタルガレージ 取締役/ Head of DG Lab

デジタルガレージは、1994年の日本で最初の個人ホームページ作成にはじまり、
ロボット型検索サービス」、「オンラインCDショップ」「コンビニ決済」など、さまざまな「日本初」のインターネット関連事業を生み出してきました。リスクのあることにも勇気と強い意志を持って真っ先に挑戦する「ファーストペンギン・スピリット」は創業から今まで、そしてこれからも変わりません。
インターネットという技術革新が起き、社会構造・生活様式を劇的に変えたように、今後新たな分野においてグローバル規模で技術革新が起こるでしょう。研究開発体制をグローバルで展開するDG Labでは、次世代の事業の基礎となる技術の研究開発を行い、次の世代に役立つプラットフォームやサービスに繋がる研究開発組織を目指します。

CONCEPT MOVIE

様々な分野に向けて新たな社会基盤となる
技術プラットフォームを開発

分散環境下で「セキュアな台帳」として様々な用途に応用できるというブロックチェーンの特徴を生かした開発を行います。この分野で注目を集めるBlockstream社と技術連携し、クレジットカードのポイント交換システムや、様々な価値と交換できる地域マネーシステム、価値移転、権利許諾といった契約執行を自動的に行うスマートコントラクトのフレームワークなどを開発予定です。

個々のユーザーの好みを熟知した対話型エージェントなど
人間と共生するサービスを展開

我々の生活に自然に溶け込み、日常を豊かにするサービスの開発を目指します。具体的には、個々のユーザーの好みを学習し、必要な商品の購買を先回りして提案するようなECサイト向けの対話型エージェントや、顧客の相談に瞬時に対応するコールセンター向けソリューションなどの実現を検討しています。

リアルとバーチャルをシームレスにつなぐことで
新たなユーザー体験を実現

ライブイベントへの遠隔参加が可能なシステムや、脳波と仮想空間を連動させたこれまでにないアプリケーションの開発などを通じて、全く新しいユーザー体験を実現するプラットフォーム技術の実現を目指します。

データが爆発的に増大する今後を見据え
これまでにない概念の技術を開発

無数のデバイスがインターネットにつながり大量のデータがやりとりされるようになるこれからを見据え、対症療法的ではなく、プロアクティブにデータを守るセキュリティ技術を開発する予定です。業務で使うスマートフォン向けソリューションの開発から着手しています。

デジタルとバイオの間に生まれる
新たな事業領域を開拓

インターネットで生まれたオープンイノベーション型の開発方式をバイオテクノロジーの研究開発に取り入れることで、起業家精神を持つ研究者やエンジニアと共に新たな事業領域を開拓していきます。

Design × Data × Technology

Design

世界的なクリエイターのレイ・イナモト氏がDG Labのクリエイティブ・アドバイザーに就任。デザインとデータ、テクノロジーをダイナミックに組み合わせ従来の枠組を超えた新たなビジネスの創出を目指します。

Data

株式会社電通とデジタルガレージが合弁で設立した子会社。グループ各社が蓄積したデータを活用したデータサイエンス事業を行っており、DG Labと連携してデータ関連事業の研究・開発を支援します。

Technology

DG Labの各分野の開発をスピーディーに行うための独立した開発組織。東京、サンフランシスコ、ニューヨーク、ボストンを拠点に各分野に精通した研究者やエンジニアを抱え、グローバルな視野に立って研究開発を行います。

EXECUTIVE ADVISORS

Jun Murai
村井 純

慶應義塾大学 環境情報学部長・教授

Adam Back, PhD
アダム・バック

President & Co-Founder, Blockstream Corp.

Greg Pass
グレッグ・パス

Chief Entrepreneurial Officer and Professor of Practice, Cornell Tech
Board Chair, Rhizome Foundation

ADVISORS

KOICHI NAKAMURA
中村 晃一

Idein株式会社
代表取締役

SHIN’ICHIRO MATSUO, Ph.D.
松尾 真一郎

MITメディアラボ研究員 所長リエゾン
BSafe.network共同設立者

TERUYA ENOMOTO
榎本 輝也

東京工業大学 情報理工学院
研究員

HITOSHI HOKAMURA
外村 仁

First Compass Group General Partner
エバーノートジャパン 会長